Menu

亡くなった母へ贈るときのマナー

母の日、亡くなったお母さんに対して、何かをしてあげたいという気持ちも多くの人たちに起こることです。 現在もまだ元気で頑張っているお母さんと、亡くなったお母さんに対して、母の日、同じ様なモチベーションで過ごしてしまっていいものでしょうか。

亡くなってしまったから、母の日はNGと考えている人たちもいますが、果たしてその考えは正しいでしょうか。

【 出典元:プリザーブドフラワー 新潟 】

【母の日参り】

日本では、母の日、亡くなったお母さんに対しての向きあい方として母の日参りという言葉も使われるようになりました。生前生きているお母さんに対しておこなう母の日とは勝手が違うので、戸惑っている人たちも多いかもしれません。

しかし、しっかり理解していただきたいのは、母の日の起源は、亡くなった母を追悼する集会だということであり、本来重きを置かなければならないのは、元気なお母さんよりも亡くなってしまったお母さんに対してです。

【母の日の起源】

母の日の起源のことを知れば、みなさんが母の日、亡きお母さんに対して、どのようなお花を贈ればいいかということがわかってくるでしょう。日本では、赤いカーネーションが母の日のシンボル的な扱いになっていますが、
アメリカで母の日の文化が生まれた頃は、赤ではなく白いカーネーションでした。

アメリカの歴史において、アンナ・ジャービスという女性が母親のために行った追悼集会が起源であるとされていますが、アンナの母親、 アン・ジャービスは、南北戦争で、敵や味方を問わないで負傷兵の手助けをする「マザーズデー・ウォーク・クラブ」で活動をしていました。

そんな偉大な亡きお母さんに対して、アンナは、お母さんの好きだった白いカーネーションを贈ったと言われています。

亡くなっている者は白いカーネーションを胸に飾るという習慣があり、対峙して健在なお母さんには、 赤いカーネーションを贈るという習慣が、そのころから浸透することになります。

【亡くなったお母さんへのプレゼント】

亡くなったお母さんに対してのプレゼントは、歴史的には、白いカーネーションが一番のおすすめです。 白いカーネーションは「私の愛情は生きている」、「尊敬」などの意味をもっています。

ただし、実際には、亡くなったお母さんに対して、白いカーネーションをプレゼントしなければならないルールがある訳ではありません。

そもそも、歴史を遡っても、アンナがお母さんの好きなお花を選んだだけなので、みなさんが、それぞれ、お母さんの好きだったお花をプレゼントすればいいという考えかたがあります。

カーネーションにもいろいろな色がありますので、お母さんのかつて好きだった色のカーネーションでいいでしょう。 好きな色を基調としたアレンジメントもいいでしょう。

しかし、墓前や仏前に供える花は、ちょっと大人しめの色あいのほうがしっくり来るかもしれないですよね。 やっぱり、お母さんには、墓前や仏前のむこうでゆっくり落ち着いた気分でいて欲しいものです。

最後に、黄色いカーネーションは、軽蔑や嫉妬という花言葉なのでここでは、敢えて避けたほうがいいでしょう。