合宿免許で卒業できない ケガ、病気、インフルエンザ……

合宿での運転免許取得は、スピーディーで卒業することができる手段であるはずです。でも、実際にはなかなか卒業できないという方々が多いようですよ。

一体合宿での運転免許取得で卒業できない理由にはどのようなことがあるのでしょうか。しっかりあらかじめここあたりもチェックしておきましょう。

ムーチョ!で合宿免許を取ろう

合宿免許もスピーディーでないこともある

ズバリ、合宿での運転免許取得でもスピーディーに卒業できないことはあります。

まず、なんで合宿での運転免許取得でスピーディーに卒業できないのかといえば、合宿免許ではあらかじめスピーディーに卒業することができるように、スケジュールをぎっしりつめて、あなたに対して教習を行う訳ですが、あなたがそのスケジュールに従うことを拒んでしまえば、それだけで合宿免許の計画性は壊れてしまうことになります。

では、なんであなたはスケジュールに従うことができないのでしょうか。

病気、ケガ

ごくごく当たり前のことを言うのかもしれませんが、あなたが病気、ケガをしてしまったというときは、すんなりそのまま合宿免許の教習を受けることができませんよね。

冬の季節であればインフルエンザにかかってしまった……という人たちも実際に少なくありません。

そして、インフルエンザにかかっている人とたまたま相部屋になってしまったらどのような事態になってしまうのでしょうか。

想像すれば、あなたが合宿での運転免許取得で簡単には卒業できない理由はそこらじゅうに転がっていることがわかります。

感染する危機を迎えているとしても、合宿免許では、二週間程度、同じ場所に滞在しなければならないかもしれません。

一度帰宅しようという気持ちが起これば、それを許してくれる合宿免許もあるかもしれませんが、そのような場合、あなたがいちいち交通費の負担もしなければなりません。

合宿での運転免許取得は、非常にリーズナブルだから参加したというのに、リーズナブルも実現することができないかもしれません。

また、あなたがインフルエンザにかかってしまえば、合宿免許では帰れと強制されてしまうかもしれません。

そのようなとき例えばオフシーズンの暇な時期に再び戻り教習を再開するように指示されることになるかもしれません。

実際にインフルエンザの問題は、いろいろ課題がありそうですが、基本合宿免許でも、インフルエンザにかかってしまった生徒を、知りながらそのままにしておくということは、いまだからこそできないのです。