合宿免許に一人プランがない 料金があいまい

若い人たちはやっぱり合宿での運転免許取得で、スピーディーにかつリーズナブルに運転免許取得したいという気持ちを強くお持ちではないでしょうか。実際に、若い人たちに合宿での運転免許取得は相当メリットは大きいです。

しかし、そうはいうものの合宿免許にもデメリットがありますので、あらかじめ知ることは大事です。

そして、あなたがそのデメリットを知り、メリットの方がそれよりも大きいと感じたら、合宿で運転免許取得というのがいいのではないでしょうか。

合宿免許には、このようなデメリットがあります。

合宿免許といったらムーチョ

1人プランの対応がない

合宿での運転免許取得には、お一人様で行かれるというケースも多くあります。おおかた、合宿での運転免許取得では、お一人様を寛容に受けとめてくれるイメージがない訳ではありませんが、実際に、1人プランの対応がないというケースは多いので注意しましょう。

お一人様で行けば、 そのような人たちはひとかたまりに相部屋に押し込まれるだけです。合宿免許の相部屋は、新しい友だちを作るためメリットがない訳ではありませんが、それでも相部屋は駄目という人たちはいるでしょう。

そのような人たちは、2週間程度の期間、本当にストレスが一杯たまってしまうでしょう。そのようなことにならないように、自分自身がお一人様で行った場合、相部屋になってしまわないかあらかじめ確認が必要です

合宿免許は料金が曖昧かも

若い人たちは、とにかく合宿免許は料金が安いほうがいいと考えるでしょう。しかし、そもそも料金というのは、高いにしても、安いにしても、理由というものが存在しているはずです。

しかし、合宿での運転免許取得では、結構料金設定が曖昧と感じることがあります。

延長になった際には追加の料金が発生したり、交通費が別だったり、またどこまで合宿免許料金に含まれているのかが非常に曖昧なので、どの合宿免許にしていいか決定するとき結構慎重にリサーチしなければならない面倒くささがあります。

「激安合宿免許」という者の、行けば何もなかった……ということがないようにしなければなりません。

合宿免許はスピーディーに卒業できる?

合宿免許は、スピーディーに運転免許取得出来る方法です。合宿免許では、「最短」という言葉を頻繁に聞きますが、まず、AT車&MT車の両方をチェックしましょう。
合宿免許だから2週間程度で免許取得出来ると思っていたら、それはAT車の方のことで、MT車の場合、3週間必要ということがあります。

関連記事