合宿免許のマナー・ルールに注意

合宿での運転免許取得へ気軽なモチベーションで行かれる方々が多いのではないでしょうか。とにかく、合宿免許は、友だち同士ノリで行く!というケースも多いようです。

しかし、合宿免許には合宿免許でルール・マナーがありますので、それにもしっかり従わなければならないでしょう。

おすすめの合宿免許サイトムーチョ!

合宿免許ではこんな人たちは入校することができない

合宿免許は結構厳しい……と思っている人たちもいらっしゃることでしょう。あなたが想像している以上、合宿での運転免許取得には、厳しいマナー・ルーがあったりします。

理不尽と思うかもしれませんが、合宿免許がそう決めている以上従う以外方法はないでしょう。

持病や身体的理由で入校できない

合宿免許では、持病や身体的理由で入校できないというケースもあります。

持病や身体的理由で運転免許取得出来ないなんて想像だにしていなかったという方々も多いでしょう。

また入校するとき、運転免許試験場において、運転適性相談を済ませ、運転適性相談終了書を持参しなければならないケースもあります。

うまれつき手や足に障害があるという方々も、厳しいですが運転適性相談を必要とするケースが多くあります。

運転適性相談は、それぞれ対応が違っていたりして、すぐに終了した証明を発行して欲しいと思うものの、数週間時間がかかってしまうというケースもありますので注意しましょう。

合宿免許はスピーディーに運転免許取得出来ると思いきや、このようなことで時間がかかってしまう以上、スピーディーにとはなかなかいかないでしょう。

しかし、やっぱりしかたないことなのです。

合宿免許のトラブルを回避するため

また合宿免許へ行くのに、住民票を忘れるという方々も多くいます。住民票は、本籍地が記載されたもの、本人だけのもの、3ヶ月以内発行されたものが必要になります。

このあたりのことも、気を抜かず相当注意した方が良さそうですね。

このようなものをなしで合宿免許へ行って早々帰宅……ということになるかもしれません。

運転適性相談に関しても、トラブルは実際にたくさん起きています。通学での運転免許取得なら、忘れてしまえば、即取りに帰ることができますが、合宿免許だから簡単にはそういうことが出来ないのです。

合宿免許では、いろいろな場所に行くことができていいかもしれませんが、トラブルなど起きてしまえば非常に厄介な場所になってしまうことになります。